糖が起こすトラブル【糖尿病の原因と治療方法を徹底解剖】

医者

特徴や今後の動向

ファミリー

糖尿病とは血液中の血糖値が高くなる病気のことです。糖尿病には1型と2型とに分けられますが、日本の糖尿病患者の約95%が2型という特徴があります。2型の特徴としては、血糖値を下げる物質であるインスリンの分泌が悪くなったり、インスリンのア働きが悪くなることで血糖値が高くなるといった特徴があります。日本人の特徴として、遺伝的にインスリンの分泌が弱い人が多いという特徴もあります。それに加えて、過食や運動不足や肥満やストレスといった生活習慣が要因となって糖尿病を発するケースが多くなっています。このような特徴があるため2型糖尿病を生活習慣病ということがあるのです。またこの病気の怖いところは、自覚症状がないまま病気が進行することにあります。症状が進むと網膜症や腎症や神経障害などの合併症を起こすことがあります。

糖尿病患者が増えているということを聞いたことがある人は多いでしょう。もともと日本人は遺伝的にインスリンの分泌が弱い人が多く、糖尿病になりやすいとも言われています。また高齢化社会が進むことで病気になりやすい人も増えているのです。また食生活の変化やストレス運動不足など、生活習慣が原因で病気を発症するケースも増えてきています。こうした背景から、今後十年以上にわたって糖尿病患者が増え続けるだろうとも言われています。そのため医療関係者の中では、糖尿病の対策強化をはかる必要あると強調する人もいます。またこの病気は自覚症状がなく進行して、合併症を引き起こすことに怖さがあります。しかし多くの人はこれを正しく理解していないのが現状です。そのため今後はこの病気の怖さについて正しく理解させる必要があります。

Copyright©2015 糖が起こすトラブル【糖尿病の原因と治療方法を徹底解剖】 All Rights Reserved.